お知らせ・メディア掲載

短角牛に関する記事更新

  • 2019.07.20

赤身肉を好んで食べる方が
増えてきています。

それに応じるように
和牛の赤身肉に対しての
認知度が上がってきています。

良質な短角牛を育てるため
国内産飼料で育てられてる
岩手県久慈市山形町で短角牛
育てている農家の方からの
お話を記事にしました。

 

山形町の短角和牛は肉の味わいや
国産飼料100%使用していること。

 

牧場が地域の景観や文化、
気候や風土(テロワール)に
貢献していることを踏まえて

全日本ステーキ協会では
一部の部位に限り協会認定肉として
認めることになりました。

 

短角牛の赤身肉が美味しい理由

ステーキ検定

ステーキ検定とは、ステーキについての魅力や正しい知識を国内外へ発信する「ステーキマイスター」の育成を目的とし、食材並びに調理工程への理解をより深く広めるために試験を実施しています。

「ステーキマイスター」になる条件は「何よりもステーキを愛してやまないこと」検定を通して得た知識によりステーキの素晴らしさを語り継ぐ立役者としてのスキルを身につけることができます。

検定のランクは初級→中級→上級→プロ級の4段階に分かれ「ステーキマイスター」のランクが上がるほどに難易度も険しくなり専門的な知識を深められます。まずはステーキマイスター初級編から順番に試験を受けていただき、全日本ステーキ協会の認定する証明を得ることにより「ステーキマイスター」への第1歩を進めてください。見事合格されると「ステーキマイスター」としてステーキに関する情報発信や知識を広げる活動が許されるようになります。

ステーキ