ステーキの歴史

ステーキ始まりの歴史

ステーキの歴史

日本において本格的にステーキが広まったのは明治以降になります。「文明開化」とともに明治の後半から大正にかけて西洋レストランで食べる「ビフテキ」が登場しますが、その多くは醤油やみりんなどのタレで味付けされ、肉の内部までしっかり火を通した薄切りの状態でした。

当時の人々は牛肉を使った料理はすき焼きなどの薄切りが一般的な時代に、これまで見たことのない豪快さと値段の高さに「ステーキはごちそう」といったイメージを広く抱くようになります。

愛されるビフテキ

明治時代を生きた文豪たちは当時、洋食に夢中だった人も多かったようで、さまざまな作品に「ビフテキ」が登場しています。

宮沢賢治の小説「オツベルと象」のなかで六寸ぐらいのビフテキという表現されているほか、夏目漱石の「野分(のわき)」で青年二人が卒業のお祝いとして食べるシーンが登場しています。

他にも「銀河鉄道999」に登場する主人公の鉄郎が大好物なのはビフテキ。昭和時代の漫画やアニメでの中でも事あるごとに贅沢な料理として登場しています。

その後、現在のような本格的ステーキが日本に普及したのは第二次世界大戦以降。当時、占領下としてアメリカから様々な文化の影響を受けていた沖縄から始まり、本土へとステーキを食べる習慣が広がって行きました。

2013年(平成25年)の輸入牛肉緩和にともない、和牛だけでなく外国産の牛肉の需要が一気に増えたことにより、日本で赤身肉が広く受け入れられるようになるとアメリカで人気の高い高級ステーキハウスが次々と東京へ進出してきます。(ウルフギャング、ベンジャミン、BLT…)霜降りの和牛とは違う赤身の強い米国牛はエイジング(熟成)させることにより風味と旨みを増し、硬い肉をある程度やわらかく仕上げた状態で使用していることが多く肉専用のセラー(貯蔵庫)を店内に置いた専門店が急増します。

和牛などの柔らかい霜降り肉に慣れている日本では「肉を熟成する」という概念が今までほとんど認知されていませんでした。しかし今後は赤身肉が主流の海外に学び、日本でもエイジング技術によってさらに美味しく、厚切りステーキを食べる方法が一般にも広まりを見せそうです。

ステーキの語源

ステーキを英語で表記すると「steak」ですが、その語源は北欧諸国で使われていた古ノルド語の「steik」が変化したものと言われています。

明治以降「ビフテキ」と呼ばれていた理由については昔の西洋料理店ではフランス料理の影響が強く、有力な説としてフランス語でステーキを意味するビフテック(bifteck)がなまってビフテキになったようです。

とはいえ、フランス語のビフテックという言葉自体、もとは英語から派生しているので英語のビーフステーキが語源となっている説が有力。

ステーキ検定

ステーキ検定とは、ステーキについての魅力や正しい知識を国内外へ発信する「ステーキマイスター」の育成を目的とし、食材並びに調理工程への理解をより深く広めるために試験を実施しています。

「ステーキマイスター」になる条件は「何よりもステーキを愛してやまないこと」検定を通して得た知識によりステーキの素晴らしさを語り継ぐ立役者としてのスキルを身につけることができます。

検定のランクは初級→中級→上級→プロ級の4段階に分かれ「ステーキマイスター」のランクが上がるほどに難易度も険しくなり専門的な知識を深められます。まずはステーキマイスター初級編から順番に試験を受けていただき、全日本ステーキ協会の認定する証明を得ることにより「ステーキマイスター」への第1歩を進めてください。見事合格されると「ステーキマイスター」としてステーキに関する情報発信や知識を広げる活動が許されるようになります。

ステーキ